体に負担の少ない豊胸手術の方法を知りたい

メスを使用しない豊胸の方法

小さいバストで悩んでいる人はもちろん、加齢が原因で下垂をしたり、しぼんでしまった人は、美容外科のクリニックで豊胸手術を受けたい人も少なくありません。美容外科のクリニックは、完全個室で診察やカウンセリングを行っているため、不安や悩みを相談しやすいです。シリコンバッグを挿入する方法は、2カップ以上バストアップが可能ですが、ダウンタイムが長いなどのデメリットがあります。メスで切開をせずに、豊胸手術を受けたい場合は、ヒアルロン酸注入法がお勧めです。

ヒアルロン酸注入法はポピュラーな豊胸

ヒアルロン酸は人体に含まれている成分ですが、優れた保水効果があり、手触りも柔らかく自然なのが特徴です。バストに注射器を使って、適量のヒアルロン酸を注入することで、1カップ程度バストアップが可能です。シリコンバッグを挿入する方法に比べると、傷跡も残らずダウンタイムも短いなどのメリットがあります。定期的に施術を受ける必要はありますが、6か月ぐらいは維持できます。安全性に優れており、内出血や腫れなども少ないのが特徴です。

脂肪注入法による豊胸

ヒアルロン酸注入法は大変ポピュラーですが、脂肪注入法などの豊胸なども提案してくれます。自分の体から脂肪を採取して、バストに注射器で注入をする方法です。自分の脂肪を注入するため、アレルギーの心配がなく、バストに定着しやすいのが特徴です。メスで切開をする豊胸手術に抵抗を感じている場合は、美容外科の医師に相談をしてみると良いでしょう。一人一人のバストの状態が違っているため、カウンセリングに時間を掛けてくれる美容外科がお勧めです。

ヒアルロン酸注入法という豊胸手術は、メスを一切使わないプチ整形ということもあり手軽に受けられるとして人気を集めています。

You may also like...